富士額のコンプレックスを脱毛で解消

私はこれまでに脇、両腕、手の甲、両足、背中、V・Iの脱毛をしたことがあります。一番気になっていた部位は鼻下で女性の割に毛が濃いということと富士額ということにコンプレックスを感じていました。

富士額 脱毛

しかし、顔にレーザーをあてるということに少し抵抗があり、通っていた脱毛サロンのスタッフさんにも相談してみました。

富士額の脱毛をする時の肌への不安

肌に合わなくて肌荒れしたらどうしよう。乾燥肌だけど大丈夫なのだろうか。

痛くないだろうか。様々な悩みがあり、なかなか踏みこめずにいましたがスタッフさんも同じく「富士額が嫌で脱毛しました。」というお話を聞いて、綺麗になっていたおでこを実際に見て感激しました。このことをきっかけに顔全体の脱毛を決心しました。

初めての施術の際に、スタッフさんと一緒に顔や肌を見ながら入念にチェックをしてくださるのでとても安心感があります。

デリケートな部分になるのでニキビや吹き出物、傷があったり、膨らんだホクロなどがあると避けて当ててくださいますし、私の場合、コンプレックスである富士額をなくすためにおでこの施術範囲もスタッフさんと相談しながら決めました。また、おでこの範囲が変わることになるので顔全体の印象や形にもこだわって施術してもらいました。

富士額の脱毛をしてみた結果

施術してもらった感想としては、レーザーは黒いものにより反応するため産毛ではなく髪の毛の範囲を当ててもらうので他の部位に比べると多少痛いと感じました。施術後、少し赤くなりましたがすぐに水素水で冷やしてくださり、帰宅後も自宅で冷やすための水素水を数日分持たせてくださいました。

そのおかげでその日のうちに赤みも取れましたし、痛みや痒みもありませんでした。

顔全体の一本一本の毛にあたるように細かくあててくださったので肌もつやつやになって、化粧のノリがすごくよかったです。一回目の施術だけではすぐに効果はでませんが、回数を重ねるごとに富士額だった部分や気になっていた鼻下も綺麗になり、今ではコンプレックスが二つ解消された気分です。

顔は毎日見て触るものなので日に日に綺麗になっていることが実感できますし、顔の脱毛をして後悔はないです。綺麗になるためには多少の痛みも我慢できました。一番大事なのはどこの脱毛サロンを選ぶかだと思います。アフターケアまでしっかりといきとどいたサービスをしてくれる脱毛サロンをおすすめします。